「ファッション音楽の共通点とは?
目と耳を通して、観衆に感動を与える
ことのできる唯一無二のものを作り出すところ。
まさにこれらを組み合わせる
ことで生まれるものはスペクタクル。」
(無名)

サンレモ音楽祭の歴史は、音楽、ファッション、そして魅力で構成されています。1950年代の第一回音楽祭から、オートクチュールが音楽祭の夜に彩りと華やかさを添えてきました。

決定的になったのは1960年。歌手やダンサー、招待ゲストたちが、それぞれのデザイナーやテーラーに依頼したことで、誰も真似することのない、そして世界に1枚しかない衣装がステージに登場したのです。

この日を境にサンレモ音楽祭はファッションにとっての舞台、世界で活躍する有名スタイリストたちの作品を目にすることのできるウインドウとなったのです。

この The Fashion Side of Festival では、出演者たちの衣装を展示することで、サンレモ音楽祭の歴史を伝えるものです。

お客様は、写真やビデオ、逸話と共にディスプレイされた衣装によって、ファッションと音楽が互いに高め合い、ひとつになるまでの奥深き旅を楽しむことができます。

The Mall Sanremo は、ショッピングとエレガンスだけではない、文化を伝える場所として、文化遺産のコーディネーターとしての役割を果たしています。その土地にルーツを持つ真実のあらゆる姿にある美しさを高めるのです。